スタッフブログ

裏話その1 横断用の旗

毎年、ストフェスを開催している間、一か所だけある信号付きの横断歩道で、スタッフが交通誘導に立っています。
今年も両側にスタッフが立って、誘導していたんですが、その時に使用していた横断旗に気づかれた方はいらっしゃったでしょうか。
今年はスタッフの一人が手作りで旗を作りました。
パッと見は、ふつうの横断旗なんですけど、よく見るとちょっと違うんです。
まず、文字と絵が手書き。
片面には、「横断中」の交通標識が書いてあるんですが、よく見ると、中の大人の背中にはギターのシルエットが。
そう、ミュージシャンが子供の手を引いて横断している、という絵になってます。
もう片方には、手をつなぐ親子の絵が描いてあるんですが、子供の方がスキップしてるみたいな恰好をしてます。
文字も、「横断中」ではなく、「開催中」になってるんですよ。
信号待ちをしているときに、この絵に気づいてくれる子どもさんが何人かいて、「あ、あれ」なんて小さい声で言ってるのが聞こえました。
余裕があるときは、その子に、よ~く絵を見せてあげて、説明させてもらいました。
「かわい~icon06」と言ってもらえて、うれしかったです。
「残念ながら私が作ったんじゃないんですけどね」ってちゃんと言い添えましたよ(笑)
5時すぎて暗くなってくると、旗が目立たなくなってしまうので、日が落ちてからは、赤くピカピカ光る棒に変えましたが、日中はずっとこの旗を使ってました。
私はこういうちょっとした遊び心が大好きなので、気づいてくれる人がいて、とっても嬉しかったです。

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 和猫家
    • 2014年 11月 26日

    気がつかなかったです。
    (T_T)
    見たかったなぁー。
    試しに和猫家スタッフの娘たちに聞いたら、長女だけ気がついてて、今細かい説明を受けました。

CAPTCHA


アーカイブ

PAGE TOP