スタッフブログ

今年は終了

先日、今年最後のストフェス会議が開かれました。
各自の精算をすませて、ざっくり反省会。
今年は「サポートスタッフ」という立ち位置ができたので、そこからの感想などをあげました。
改めて思ったのは、まさに「手作り」のお祭りなんだなあ、ということ。
とかく、効率や能率を追求しがちなんですけど、あんまりガチガチにかためてしまうと面白くないよね、というコンセンサスがあって、多少の不具合は、むしろ楽しんでしまおうじゃないか、というスピリットなんですね。
サポートスタッフはほぼ全員が初参加ということもあって、事前の会議では説明を聞いていたはずなのに、いざ実際にストフェスが始まってしまったら、あたふたと戸惑うことがたくさんありました。
とにかく、目の前のタスクをこなすこと。しかも笑顔で。
それだけを考えて乗り切ったような気がしています。
不思議なもので、困難があったほうが思い出が増えるんですよねえ。
現場での愚痴ですら、あとから笑い話になってしまったり。
来場された方たちは、楽しんでいただけたんでしょうか。
出演したミュージシャン、出展したアーティストさんたちは、どうだったのかな。
とにかくお天気がよくて、それだけで半分は成功したようなものだ、とは会長の弁。
私もそう思いました。
行き交う人の波の中にたたずんで、時折ぼーっと空を見上げた時の、なんともいえない解放感は忘れられません。
イルミネーション点灯の瞬間を目撃できたのも、個人的に大きな収穫でした。
あれは心がときめきますね。
ストフェス実行委員会は、とりあえず年内はこれで終了です。
あとは、当日ボランティアさんたちとの打ち上げや、実行委員会の忘年会など。
年が明けたら、本格的に反省会が開かれ、また来年のストフェスに向けて走りだすことになります。
ストフェス裏話、こぼれ話などを時折更新していきますので、チェックしてみてください。
もろもろのことに、感謝をこめて。
      ありがとうございましたface17

関連記事一覧

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

PAGE TOP